男性向け同人イベント(同人誌即売会)のサイト更新情報、同人関連のアンケートとかやってます。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

お知らせ

2011/10/13よりイベント告知サイトの毎日更新チェックを再開しましたが、2012/10/13から不定期更新に切り替えます。
月1~2回程度でチェックしてます…
2014年1月よりまた再開しました。ただし、現在の毎日チェックは3ヶ月くらい先のイベントまでです。

また更新休止します。(2014/10/17)
たまに更新するかも知れません…

ブログ更新と共にTwitterで更新をつぶやいております。
よろしければフォローをどうぞ。
通常のつぶやきは少ないです…
情報のミス、更新時の改善などご意見があれば、ブログ記事内コメント・Twitter・メールフォームなどで頂ければ幸いです。

【イベント応援ランダムバナーリンク】

ランダムバナー掲載に興味があるイベンターさんはこちらをご確認ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月16日
2013年8月10~12日に開催されたコミックマーケット84のアンケートを行いました。
集計期間は8月15日~8月31日、票数は22票でした。
参加していただいた方々ありがとうございます。

回答者の方から頂いたコメントはオレンジで書いてます。
基本的にはそのまま記載しておりますが、誤字脱字などで修正を管理人がしているものがあります。
また、男性と女性のコメントを分けずに全てオレンジで書いてます。
管理人のコメントはそのまま黒です。

結果については続きからどうぞ。


【性別について】

性別を答えてもらいました。
当サイトが男性向けイベントの情報をメインに扱っているので男性の方が多いです。


【年齢について】

回答時に自分の年齢に当てはまる範囲の選択肢を選んでもらいました。
年齢については20-30代の方が中心ですね。この辺は例年通りな感じです。
参考数にするには少ないですが…


【参加都道府県について】

参加都道府県を答えてもらいました。
毎回東京・神奈川・千葉が多かったですが、今回は東京の方が多かったです。


【参加日について】

夏コミに参加した日を選択してもらいました。

今回の開催曜日は例年の金土日から土日月に変更されてました。
参加者数が1日目21万人、2日目21万人、3日目17万人と過去最高を記録してました。
3日目が平日の月曜になったこと、ジャンル日程が変更されたこともあって3日目は参加人数が落ちましたね。


【カタログ購入・利用について】

冊子版・DVD-ROM版のカタログでどちらを購入したか答えてもらいました。
スマホなどの携帯端末の利用者が増え、DVD-ROM版に収録されたデータを利用するためにDVD-ROM版購入の方が増えてる感じでしょうか。
入場にカタログは不要ですが、未購入の方もそこそこ居ますね。


WEBカタログを利用したかどうかも答えてもらいました。
無課金利用と利用してない人が別れました。
課金してる人はまだ少ないようです。


カタログ別のWEB版利用状況です。
カタログ未購入の人もWEB版を利用していた人はいたようです。


【カタログについてのコメント】
各種カタログ購入をした理由や利用方法など答えてもらいました。
WEB版利用状況毎にコメントをまとめてます。


●両方購入(WEB版無課金利用)
・(冊子版を買った理由) 1ページ1ページめくりながらサークルチェックをするのが好きな為。
 掘り出し物が見つかったりすることも。
 (DVD-ROM版を買った理由) なんといってもMAP印刷やリストの印刷がとても便利。
 (工夫していること) 冊子版はチェック用に1冊、分冊用に1冊購入していて、当日は分冊した各開催日分と、諸注意等の書かれたページを持ち歩くようにしています。
 また分冊はカッターで切り分けた後、製本テープで補強、最重要な3日目分にはさらに表紙と裏表紙を付けて補強しています。
 (WEB版の感想) 無課金であってもサークルチェックを行える点がすごくよかった。

・冊子版は、パラ見したぐらい。準備会へのお布施だと思って買ってる。
 チェックのメイン作業は完全にROM版に移行した。
 スマホやタブレットに入れて検索やチェックするのは凄く便利になったけど、それ持って戦場に出るのは危険過ぎると思った。
 ROM版でチェックして紙に印刷したマップやリストが、結局現場では一番役に立った気がする。

・冊子版はサークルチェックの為に 分冊も5つ(諸注意・1~3日目・マンレポ等)に分けてます。
 DVD-ROM版は資料のために毎回買っています。
 WEBカタログのアーカイブが出てくると資料としていらないのかなって思ったり。iPhoneアプリが公式であるようなので使いたいです。
 WEB版はほとんど利用しませんでした。PCのスペックあんまり良くないので…こちらも今後iPhoneで使いたいですね。


●両方購入(WEB版利用せず)
・やはり接続環境が保証されないのでカタロムをiPod Touchに入れる形に落ち着いてる
 今回は電波環境があり得ないほど良かったが。


●DVD-ROM版購入(WEB版無課金利用)
・webカタログはβ版の頃から使っていますが、現地に入った瞬間に繋がりにくくなります。
 サブ的ポジション、サークルの更新を見る程度に使った方が良いと思います。
 ROMを使ったスマホアプリのほうが非常に使えます。
 使えすぎて、冊子のマップやコピー紙は使わなくなりました。
 特に夏は汗とごちゃ混ぜの中ではクシャクシャになり最悪の場合破れて読めなくなります。

・WEBカタログはサークル情報を入力する際に用いただけです^^;
 やはり、冊子やDVDなど手元に記録に残る形のほうが個人的にはいいかなーと思います。


●DVD-ROM版購入(WEB版長期プラン利用)
・Webカタログは去年から使っているが便利。公式アプリともう少し親和性が高いといいな。
 ROM版は印刷用に購入、スマフォにデータ入れる用にいつも買ってます。
 次回はWebカタログ(シルバー)とROMで運用予定。
 会場でのネット接続(au 4GLTE)は拍子抜けするぐらい繋がった。いつもよりいいくらい。


●DVD-ROM版購入(WEB版月額プラン利用)
・WEBカタログの印刷機能がよくない。
 MAP印刷でチェック色がaとbで色分けされていないことが多い。
 メモやコメント欄への誘導の仕方が面倒。課金をするならもっと頑張って欲しい。
 今のままならROM版とスマホアプリだけでOK!
 スマホアプリはComic Tribesを使用してます。
 最初のDATA入力が面倒だけど会場では使い勝手がよいです。
 音声入力の音量が改善されるとなおよいと思います。


●DVD-ROM版購入(WEB版利用せず)
・DVD版はiPadにインストールしたものの、結局現地では利用しませんでした。
 当日はプリントアウトした地図+サークルカットで事足りたので。
 Web版は直前まで新しい情報が検索できるのがいいとは思ったのですが、
 サークル検索が直前で今から新しい使い方をチェックするのが面倒くさくて利用しませんでした。

・ROM版を購入してタブレットにて閲覧。
 冊子版は軽量化されたとはいえ重いので、タブレット端末で手軽に見れるのは便利でした。

・冊子は購入してもサークルチェック以外を読む時間がないので、DVD-ROM版を購入。 WEB版はまだ様子見。

・スマートフォンで利用できて便利だから。


●冊子版購入(WEB版無課金利用)
・とりあえず参加サークルの確認程度に使ってましたね。
 コミケのときはカタログは重いのでホテルに置いてきましたけどね。

・どうしても、あの重量感ある冊子を持っていないと安心できない性分です。
 何があっても「開けばサークルチェックができる」安心感には代えられません。


●冊子版購入(WEB版利用せず)
・WEBカタログは少し重い感じがします。
 もう少しROM版のようにさくさくとした動きでないと、疲れそう。
 見れるサークルカットの数をもっと増やしてほしい。冊子版の見開きくらい。

・友人におつかいを頼む際、説明しやすいので「冊子版」カタログを購入。
 厚みが薄くなり、軽量化されたことでカタログが扱いやすかった(主に持ち運び)。


●未購入(WEB版月額プラン利用)
・基本ROMでしたが、前回からWebと併用し、今回はWebオンリーでチェックしました。
 会場内はWebカタログから出力したPdfをiPadで表示させてました。
 安定はしませんでしたがWebカタログを会場内で開くことは出来ました。



以上がカタログについてのコメントでした。
冊子版はネット回線状況や端末のバッテリー残量など気にせず使える点が評価されてるでしょうか。
約2kgの重量のため、分冊して開催日毎に持ち出す人も多いですね。
次回のC85のカタログは紙質を変更して約200gの軽量化を行うようなので、利用者に変化があるでしょうか?

DVD-ROM版はスマホやタブレット端末でサークルチェックなどをしてる人がほとんどですね。
当日は端末を利用せずに印刷したMAPのみを利用してた人も居たようですが。
今後もDVD-ROM版利用者がさらに増えて冊子版利用者が減っていくんですかねぇ。

WEB版は課金利用も始まりました。
まだまだ始まったばかりという事もあり、利用者が少なかったり機能が使いづらいなど意見がありますね。
機能は今後改善されていくでしょうから様子見でしょうか。
各携帯会社のアンテナ車だけでなく、会場内にWi-Fi APを装備したWi-Fi忍者なども登場し、心配されていたネット回線の安定性などは割と良かったようです。
毎年、各携帯会社さんも対策はしているようですので、今後さらに繋がりやすくなるでしょうか。


【コミケで使った金額について】

夏コミ開催期間中に会場内でサークル頒布物(同人誌、同人ソフト、同人音楽CD、同人グッズなどサークルスペースの物)購入及び、
企業ブースで使用した金額の総額を答えてもらいました。
サークル頒布物に限り、イベント後に秋葉原などの同人書店で補完した分も足してOKとしてます。
なお、交通費・食費・宿泊費などは除いてます。

1~4万くらいが多いでしょうか。
サークル中心か企業中心かで金額はだいぶ変わりますね。


【夏コミ期間の休む理由について】
主に仕事のある社会人の方などはどのような理由で休みを確保したか答えてもらいました。
また、どれくらい前から休みの申請をしたかも答えてもらってます。
コミケに行っていることを予め伝えている人達と秘密にしていた人でコメントを分けてます。

●休暇の事前申告(コミケ目的公言)
・コミケ期間中は会社の長期休暇でした。
 前日設営の為に休みをいれましたが、コミケに行くことを公表しており、理解のある職場ですので申請に苦労はしませんでした。

・お盆休みの延長で取得。休めるときは休め、な職場なので割りと苦もなく取れました。休みの申請は1ヶ月位前から。
 職場の先輩もコミケ戦士なので色々共闘できて便利。今年同期も連れて行った、楽しんでいたようなので冬も参加するかも、とのこと。(ファンネル増えた!と心の中で万歳)

・研究室に所属するほとんどの人間がコミケに行く連中だったので自然と休業になることが決定していた。

・大学生
 1ヶ月前、親に友人とコミケに行くから里帰りは違う期間に変えて欲しいと頼んだ。
 大反対されるかと思いきや、まさかの賛成。

・同人印刷会社勤務なので、必然的にスケジュールがコミケ合わせになります。


昔と違ってネットの普及、テレビで紹介されたりなどでコミケの認識も変わってるでしょうか。
相手に変な誤解が無ければ普通に説明すれば理解してもらえると思います…たぶん。


●休暇の事前申告(コミケ目的非公言)
・1ヶ月前ぐらいから特に理由を付けず休み申請してます。
 上司・同僚には進んで言ってませんが大体の人はイベントがあるの知っていてわかってくれますね。

・2月に次年度の稼働カレンダーが出るから即座にコミケの日程を確認。
 だいたい夏休みになるが、前日が仕事とかなら早いうちに半休をお願いするとかそんな感じ。

・コミケ参加だなんていえないし、夏季休暇として休みを取り、理由を聞かれたら実家に帰省とした。
 休みの申請は2週間前に申請。計画自体は1ヶ月くらい前から。

・だいたいコミケの3ヵ月前に休みにしてくださいといって普通に休みをもらいましたね。
 どこかに行くの?と聞かれたので戦争に行ってきますと答えましたね。
コミケを察したのか、中東などに本当に傭兵に行ったのかどっちと思われたんでしょうかね(ぁ

・夏季休暇。内容:自費出版冊子の展示販売の会合に出席する友人を支援するため。
 …うん、嘘は一つもついてない。5月くらいには、職場に申請を出してた。

・1ヶ月前に申し込み。
 今年は微妙にお盆とずれていたので取得しやすかったのですが、設営日のみは非番なので休めずに間に合わなかった。

・夏休みの名目で5連休の有休消化が推奨されている週だったので、堂々と休めました。
 休みの申請は2週間くらい前から。

・とくに理由もなく夏期休暇として申請しました。
 2ヶ月前くらいから「この時期に休みを取ります」と話はしていました。

・実家に帰らせて頂きます。(地域的宗教的な理由で期間が長くなると説明)
 コミケ後に実際に里帰り。

・10日まで仕事だったが「旅行」にいくと1ヶ月前に申請。
 11-12日は会社のお盆休みに被っていた。

・代休を残しておき、予め休みを貰っておく。
 代休は特に理由は聞かれないから。

・用事がありますとだけ言いました。。

・通常通り土日のみの休みだった。


お盆シーズンだったり、週末だったりで休みは取りやすいですかね。
コミケに行くと伝えなくても、旅行なり帰省なり伝えて納得でしょうか。


【日程・ジャンル変更影響について】
今回の夏コミでは日程が従来の金土日から土日月に変更されたり、ジャンルの配置日が大幅に変更されましたが影響あったか答えてもらいました。

・一日目、あまりの暑さに東から西への移動は諦めました。

・3日目が平日な為休みをとることになってしまった。
 3日目はキツくて参加せずに家で休養としました。

・三日目が平日とはなんとも。

・ジャンル配置が変更し男性向けが2日目に移動したことで、人によっては2日間開催気分だった。

・初参加のため何も違和感がなかった。
 月曜は仕事のため、2日目のみ3時間程度の軽めの参加となった。

・2日目に男性向けが入っていたため、普段の「1日目 コミケの空気に触れる、2日目 東方島でリハビリ、3日目 本番」という日程が組めず、調整不十分での参戦となってしまった。

・二日目が終わったあと、完全にやり遂げた漢の精神状態になってしまい、あと一日あるというのが信じられなかった。
 体力的には、3日目が楽だったため、翌日も普通に動けた。通常日程ならへばって部屋で死んでる。

・日程については特になし。ただ、今年は暑くて前日設営日に初めて熱中症になりかけた。

・アイマスをメインで買っているので、ギャルゲーが男性向け別の日になったことでチェックが分散され、回りやすくなった。

・3日目に東方サークルが集中したため、従来の通りにサークル巡りができず、回りきるのが非常に大変だった。

・東方の日は行かないことにしているので連続2日間で済んで助かった面もあった。

・2日目が男性向けだったので、3日目は購入が早めに終了して東京駅へ荷物をしまって15時位に会場に戻り余力を持って撤収作業に参加できた。

・3日目に照準を合わせて準備していたら、2日目と3日目のジャンルが入れ替わっており、カタログ買ってからでは修正が利かなかった。
 それでも3日間参加したけど、1、2日目で体力使い果たした。
 男性からすると2日目の中休み(?)って重要だと思う。
 3日目の平日はやっぱいつもよりは人が少なく感じました。

・個人的には関係ないのですが、やはり3日目は少なかったですね。
 閉会直後にガレリアに残っている人など、普段の半分以下だったかと思います。
 3日目に配置された方は、結構影響を感じたのではないでしょうか。

・1日目と2日目の来場者数が同じなのが興味深い。
 企業の他女性向けジャンルも影響あったのか?っと思ったり。
 色々試すために変更しているみたいですし、チャンスがあるならまたシャッフル・日付変更してもいいのでは?



今回はジャンル日程の変更影響以上に暑さが例年より酷くて会場を回るのが大変だった感じですね。
金曜より月曜の方がスタッフの休みや取りやすいという理由だったようですがどれくらいの効果があったんですかね。


【持って行って良かった持ち物について】
今回の夏コミに持って行って良かった持ち物とその理由を答えてもらいました。

●飲物 8票
・ソルティライチ500mlの冷凍したもの。
 首にあててクールダウンしながら待機列で待てたのでなんとか体が持ちました。
 でも500mlを2本持って行っておけば良かったと後で後悔。

・スポーツ飲料(アクエリアス,ポカリetc...):水では賄いきれない成分の補給も出来た。

・一晩凍らせてたお茶を友人らに配ったことで、誰もダウンしなく役立った。

・定番ですが冷蔵庫で冷やしてタオルを巻いたスポーツドリンク(冷凍せずとも、適温で昼過ぎまで保ちます)

・凍ったペットボトル、小さめのビニール袋(汗で濡れたタオルをしまうため。)

・あとは凍らせた飲み物(2L)。500mlは午前中で溶けてしまったが、2Lは最後まで冷たく飲めた。

・飲み物。始発なら3.5リッター持って行って飲み切った。

・ウイダーインゼリー:手軽に貴重な水分とカロリーの摂取ができた。2日目はこれがなかったら倒れていたのでは、と思っていたりする。


今回は非常に暑く、熱中症で倒れる方も続出したため飲み物関係が一番でした。
普段は手荷物で持ち込む量で間に合っていた人も、今年の暑さでは現地調達をしていたのではないでしょうか。

●扇風機 4票
・マイファンモバイル:暑さが苦にならずにすんだ。うちわなどは腕を使うので疲れますが、これは疲れる心配はありませんし、周辺の邪魔にも荷物の邪魔にもならない。

・扇風機。バルミューダのバッテリー一つで4時間動くヤツ。
 サークルスペースに「普通の扇風機」がある状態は、かなりシュールだったけど、暑さ対策としては必要十分。
 バッテリー込みで4万5千円投資した甲斐はあったが、運搬が大変でした。

・倒れそうなとき・・・団扇を振る力もなく携帯扇風機を使いましたがとても役に立ちましたね。

・USB扇風機(サークル参加時使用)


団扇・扇風機に代わって利用者が増えている携帯扇風機。
サークル参加者の中にはバッテリータイプの普通の扇風機を持っていった人も居たようですね。

●冷感アイテム 4票
・ヒヤロン

・使い捨ての瞬間冷却。うなじのところにタオルで巻いたりして、首を冷やした。今回の暑さで一番命を救われたのは間違いなくコレだと思う。

・猛暑だったため、冷却グッズが大変役立った。
 服に吹きつけるアイスノンや、ヘッドクールなど。
 飲み物は予め用意すべきですね。

・冷感スプレー 即効性の冷却効果は重宝しますね


暑かったので体の温度を冷やす冷感グッズは皆さん使っていたのではないでしょうか。
叩けばすぐに冷えるヒヤロンなどが人気ですかね。

●タオル 3票
・タオルをたくさん

・タオル:尋常でないほどの汗をかいたので、不快感と共に拭い去ったのでかなり重宝した。

・マフラータオル


夏コミは暑くて汗かきまくりなので定番アイテムですね。
今年は異常な暑さでハンカチ程度では足りなかったのではないでしょうか。

●着替え 3票
・替えのシャツ

・通気性が高いTシャツを予備に1着持ち込み 2日目講演会参加に役立った

・着替えのシャツ。今年の暑さは半端なかった。


●塩分補給 2票
・塩分チャージタブレッツ:飴と違って溶けたりせず、すぐ噛み砕けるので重宝した。

・塩飴ですね。一回死にかけたのを塩飴とポカリが助けてくれました。


水分補給だけではなく、塩分補給も大事ですよと。
熱中症予防の知識がテレビやネットでだいぶ広まったので、塩飴などを常備する人も増えたのではないでしょうか。

●帽子 2票
・うなじが隠れる帽子 暑さ軽減効果抜群

・帽子:直射日光・熱中症を避けるなら必需品。


●折りたたみ椅子 2票
・折りたたみ椅子:早朝待機列ではお世話になりました。座るという意味でも、場所取り的な意味でも。

・携帯椅子:列固定中の目印にもなるし体力の温存もはかれる。


●団扇
・団扇:風があった事で気力が持ちこたえられた。

●日焼け止め
・日焼け止め。日焼けで肌が痛くなるのは防げた。

●カタログ
・コミケカタログの諸注意事項等の書かれたページ:分冊して持ってきていたが、いざというときや搬出場所等を探すときに助かった。

●ケース類
・ショルダーのスポーツバックで参加しますがB5かA4位の蓋の無いプラスチック製のファイルホルダーとクリアファイル。本が綺麗にしまえるのとサークルのペーパー等が綺麗にしまえる。

●充電器
・携帯の充電器

●タブレット端末
・宝の地図代わりのiPad

●制汗スプレー
(理由無しでした)


以上が持って行って良かった持ち物についてのコメントでした。
持ち物については例年通りな印象でしょうか・・・暑かったので飲料が一番多かったですね。
実際に良いか悪いかは個人差もありますので、コメントを見ながら今後の持ち物選びの参考にしてみては如何でしょうか。


【持って行って失敗した持ち物について】
今回の夏コミに持って行って失敗した持ち物とその理由を答えてもらいました。

●PC・タブレット端末 2票
・iPad mini。カタロムをインストールしたけど当日それで最終チェックなんてする体力がなかった。

・ノーパソ&iPad:結局重いだけで使わなかった。


●傘・日傘 2票
・傘

・自分が持っていった物ではないが、日傘は周りに迷惑。スタッフに注意されても仕舞わない人もいた。

この辺については注意を続けるしかないですかねぇ。

●カタログ
・紙カタログ。家でマンレポ読んだ以外はiPodにカタロム入れてた分で足りた。

●ジャージ
・2日目のジャージ着用 人と会うのにこの格好は…動きやすいけど

●タオル
・同人誌用のタオル:3日間全て晴れたので結果オーライだったが、雨対策は全て意味が無くなった。


●制汗シート
・制汗シート:香料にやられて途中気持ち悪くなってきた

●折りたたみ椅子
・少し大きめの折り畳みイス:友人が持ってきたものだが、背もたれは待機列では使えず飾りになった。
 また大きいので持って行くのに疲れる。最低でもダイソーのイスぐらいの大きさ以下じゃないと荷物になるかも。


以上が持って行って失敗した持ち物についてのコメントでした。
実際に良いか悪いかは個人差もありますので、コメントを見ながら今後の持ち物選びの参考にしてみては如何でしょうか。


【次回持って行きたい持ち物について】
他の参加者が使用しているのを見たりして、次回の夏コミに持って行きたいと思った持ち物を答えてもらいました。

●飲物 4票
・凍ったポカリなどですかね・・・普通のやつを持っていくと昼くらいになると暖かくてなんか嫌なので。

・1Lスポーツ飲料

・今回と同じくソルティライチの冷凍したもの500ml×2本。塩分、糖分、水分、冷えが一度に取れるのが素晴らしいです。

・アクエリアスハンディパック:持ち込むには場所も取らず便利そうだった。次回は凍らせるなどして持ち込もうと思った。

●帽子 3票
・帽子(今年は日差しがきつかったですね)

・帽子:季節に関係なく、直射日光は体力を奪うので

・耳が隠れる帽子 さらなる暑さ軽減の為に

●折りたたみ椅子・座布団 2票
・さらに小さい折り畳みイス

・折りたたみの座布団。座っていると尻が痛くなった。

●冷感グッズ 2票
・ヒヤロンなど体を冷やすグッズ

・ひやろん

●タオル
・タオル:自分用と同人誌用(同人誌は雨対策)

●キャリーカート
・もっと頑丈なキャリーカート(サークル参加時に壊しました)

●鞄類
・少し大きめのリュック:今回少し小ぶりなリュックを持っていき、やや不便な場面があったので

●扇子
・扇子を忘れたのが痛かったです……。

●携帯扇風機
・首掛け扇風機

●雨具
・合羽:今回用意するのを忘れてしまった(次回雨が降らない、なんてことはないので)
今回は雨の影響はほとんど無かったですね。用意しておくことに越したことはないと思いますが。
2日目夕方にゲリラ豪雨の雨雲が西から有明方面に流れていったと思ったら、有明手前に消えるという奇跡みたいな状況になってたようですがw

●カタログ
・カタログ:コレなしではどうしようもない。(次回も友人がおつかいを快諾してくれたので説明用に冊子版を購入予定)

●サークルリスト
・サークルリスト:確認が困難になるので

●財布
・財布(お金):忘れたら行く意味がなくなってしまう

まーこれは「次回持って行きたい」ではなくて「次回持って行きたい」ですよね(´・ω・`)

以上が次回持って行きたい持ち物のコメントでした。
持って行きたいと思うかどうかは個人差もありますので、コメントを見ながら今後の持ち物選びの参考にしてみては如何でしょうか。


【差し入れについて】
サークルさんへ持って行ったorサークルさんがもらった差し入れを書いてもらいました。
もらった物だけでなく、あげた理由や、もらってどう思ったか感想も書いてもらいました。

●食べ物
・梅干し飴をいただきました。
 今回は特に、塩分補給でありがたかったです。隣のサークルさんにも差し上げました。

・ポテトチップスが好物だといっていたサークルさんへポテトチップスを持っていった。
 塩分はそれで十分だと思ったので、水分補給も兼ねて水も差し入れした。

・ご当地お菓子を持って行った。あと塩分チャージタブレッツも。

・暑くても溶けなくて保存のきく金平糖を持っていった。

・いつも通りに、地元洋菓子屋さんの焼き菓子。暑さで溶けたり傷んだりするのは避けた。

かきピーを差し入れとして用意していたのに忘れて行ってしまいました。
選んだ理由は夏場でも保管に気を遣わなくて良いし軽いから。

・熱中症対策に塩飴。


●飲物
・3日目の友人のサークルに飲み物の差し入れ。1,2日目の暑さを教訓とした。

●その他
・有料のポケットティッシュ 見た目がかわいいので(女性向けサークルに差し入れ)

・ウェットティッシュ 暑さ対策の為(男性向けサークル中心に差し入れ)

・入浴剤を配りました

・特にもらえませんでした。

・・・(´;ω;`)ブワッ

一般的には食べ物・飲物関係が差し入れでは定番ですかね。
暑さ対策で飲み物や塩飴などを用意しているサークルさんも、今回の異常な暑さで飲み物は歓迎だったのではないでしょうか。
もらいすぎても処理に困りそうですが。

あまり大きい物、かさばる物はサークルさんの荷物になって逆に負担になる場合もあります。
善意でやってるとは思いますが、親切の押し売りなんてことにならないように気をつけたいところ。
サークルさんも予め差し入れ受付の可否、好きな物や苦手な物をサイトで公表しておくなど。
この辺もキリが無いですけどねー(´・ω・`)


【暇つぶしについて】
開場前の待機列、イベント中のサークルや企業の列に並んでいる間などにどのような暇つぶしをしたか答えてもらいました。

・ラノベ1冊。座って読むには最高。暑いから読むペースが遅く、3時間くらいの暇つぶしにはなった。
 立って並んでいるときには荷物にしかならないし、汗等の防水対策は必須。
 自分は厚手のカバーを使用した。

・並んでる最中は、周りの状況を観察(○列形成か1回の動きは○分感覚、1パケット○名か等)しメモ。

・開場前の待機列ではじめの内はコンビニで買ってきた朝ごはんを食べたり、MAPの最終確認などをしていたが、塩分チャージタブレッツを「よかったらどうぞ」と隣のかたに渡すなどしてきっかけを作り、情報交換などをしていた。

・壁と島中を途中で分けて並ぶようにしている。壁で並んだときにスマホアプリに購入した物・値段・時間等を入力している。

・会場前の待機列
 ・iPodに入れていたゲーム楽曲を聞いていた。
 ・おつかいを頼むサークル場所の確認などを徹底的に行った。
 ・世間話

・サークル&企業の列:基本、同士しかいないので、その内容の話など

・配置図みたりTwitterしたり

・ツイッターのチェックで暇をつぶした

・iPhone 2ch見て楽しむ

・企業並んでるときはほめらじのバックナンバー聞いてます。

・暑いですしトイレに行ったり買い物に行ったりカタログを読んでいたので持って行ったゲーム機は使わなかった。

・暑すぎて何もできませんでした…一応、iPadにインストールしたカタロムの最終チェックでもしようと思ってたんですが…

・暑さで何もできずに寝ているだけでしたが、ノーパソ・ipad・psvita・ラノベなどを持っていきましたね。

・一日目、二日目はサークル入場。三日目は10:30着で列が既に無かったので、暇つぶしが不要でした。10日発売の電撃文庫の新刊を持って行ってたのに。

・文庫本持って行ったが汗で汚れるので読めなかった

・特に持っていってない。配置図くらい。

・特に列にも並ばず、暇つぶしが必要なシチュエーションがなかったので……。


以上が暇つぶしについてのコメントでした。
読書などで暇つぶしをする人、Twitterなどで情報収集をする人、用意したけど暑さで何も出来なかった人など様々ですね。
スマホなどでまとめちゃった方が荷物は少なくなりそうですかねー。バッテリーは心配ですが。


【集合場所について】
イベント開始前の待ち合わせ、イベント中のはぐれたときの集合場所、イベント後のオフ会前の待ち合わせ場所など、
それぞれの状況による集合場所はどこにしてましたか答えてもらいました。

1~3日目(全て始発)、国際展示場駅の「待ち合わせ場所」で待ち合わせをした。
 LINEで集合する時間を事前に決めておき、サークルを回ったのち会議棟下で待ち合わせをした。

・エントランスホールで待ち合わせ

・ワシントン宿泊組ですので仲間と出発する際はデイリー前集合しています。

・サークル参加した日は自スペース。
 それ以外の日はいつものメンバーで普段集まっている場所(ガレリアのある場所)が決まっているのでそこでした。

・1日目の開場前、相方の高速バスが遅延したため、無謀にも国際展示場改札で待ち合わせ。
 相方が目立つ人だったのでなんとか落ち合えたが、改札での待ち合わせは絶対にお勧めしない。

・電話が通じるので普通にその場で○○集合的な形にしていましたね

・特定の知人サークルのスペースが待ち合わせ場所

・どの日であっても、必ず知り合いが参加してるので、基本的に、サークルスペース集合。
 オフ会もゲリラ豪雨を警戒して現地集合。

・決めてませんでした。たぶん携帯でなんとかなるだろうと。
 実際大丈夫でした。ソフトバンクもNTTも今回は良くつながったように思います。(一日目)

・待ち合わせ場所は、そのとき疲れて休んでいる場所付近。
 暑さと疲れで動けないし。

・チケットを売り子さんに渡し忘れていたのでホテルまでお迎えにあがりました・・・orz


サークル参加者などはスペースが待ち合わせ場所、荷物置き場にしやすいですね。
昔に比べて携帯が繋がりやすくなったため、特に集合場所などは決めずに携帯で連絡を取り合うケースが多い感じでしょうか。
それでも電池切れで携帯が使えない場合なども考えて集合場所は話し合っておく方がいいかなーとは思いますが…


【暑さ対策について】
今年の夏コミは酷暑でしたが、暑さををしのぐ為にどのような対策をしたか答えてもらいました。

・タオル2枚を持っていって、首に巻いた。日焼け防止と、吸汗に使えた。

・ペットボトル3本(500ml)で足らなくなるとは。それでも会場内で買えばいいかと思ったら2日目の東棟で完売発生とはびっくりした。

・ポカリを大量にもっていきましたね。持ちすぎて重くていろいろ大変でしたけど。

・凍ったペットボトルのみを持ち込み現地でぬるいペットボトルを調達して溶かしつつ飲みました。

・3.5リッターの水分を持ち込んだ
 うち1リッターは凍らせた。他は冷蔵庫で冷やしておいた。
 凍らせたものは保冷剤にもなり、首筋を冷やせて待機時間に助かった

・汗拭きタオル
・帽子
・帽子の下に被せるタオル
・事前に凍らせておいた飲料

・タオルを頭から被る、日焼け止めを塗る。
 冷却グッズを使う

・首にタオルとキャップをかぶるくらい。水分は500ml1本のみ。

・タオルを3枚持って行き、帽子代わり&汗ふきにした。
 500mlペット3本(すべてスポーツドリンク)を持って行き水分補修をした。

・普段より持っていくスポーツドリンクの量を増やしました。
 普段は500mlを2本ですが、今回は1Lを2本持参。
 それでも閉会までにはなくなりました。

・マフラータオル、帽子、ラッシュガード着用、メッシュタイプのスニーカー、
 500mlのペットボトル4本持っていったが、今年は企業に並んでいる1時間半で全て飲みつくすほど暑かった。
 倒れる前に帰る勇気。

・インナーはエアリズムで、上はメッシュのシャツにして、通気性をよくするよう心がけた。

・とにもかくにも扇風機。運搬の労苦も報われた。
 駐車場が当選しなければ、さすがに持って行けなかったとは思う。
 あと、失われる塩分とエネルギー対策として、井村屋のスポーツようかんを持参したけれど、カロリーメイトに比べて食べやすく、結構お勧めでした。

・事前に暑さに慣れておく(散歩等)
 プール等行って体を鍛えておく 週1でプール行きました。
 前日の朝から十分な食事・睡眠 食事はお金かかりました。
 タオルを複数枚持ち込みそれを入れるための袋も用意 メイン1枚+サブ3枚。
 西アトリウムにある冷水機をフル活用 ペットボトルに入れて持ち歩き 東にもありましたっけ?

・薄いブルーのTシャツに白のパンツという色が白い服装。500mlのペットボトルを凍らしてその周囲をタオルでくるんでいたので、
 そのタオルで汗を拭いてました。ちょっと汚いですがタオルが冷たくて気持ちいいです。

・事前に用意したものが足りなくなったら、コンビニの自社アイスコーヒーを氷だけ購入し(価格は定価)、
 その中に飲みたいドリンクを入れ冷やせば、いつでも冷えたドリンクを飲める。
 その分、お金がかかりますけど。


やはり水分補給関係が多いですね。
気候・天候は毎年変わりますが、情報を蓄積して今後の参加者の役に立てばと思います。


【宿泊について】
宿泊先にどのような場所を利用したか、その理由とどれくらい前から予約したかなども答えてもらいました。

●ホテル
・会場前の宿泊施設。

・会場至近のホテル。

・ワシントンホテル宿泊です。戦いは1年前から始まっている!
 とにかく近いということが理由。

・蒲田のビジネスホテル 1ヶ月前から予約
 (本当は青横の某ビジネスホテルに宿泊予定でしたが満室でした)

・秋葉原のビジネスホテルを、前回コミケ時に予約して4泊5日。
 前泊後泊前提で無いと、体力が持ちません。次回コミケ分も既に予約済み。

・相鉄フレッサイン東京田町に泊まりましたね。
 ホテルから芝浦ふ頭駅へ行きそこから簡単に国際展示場正門駅へ行けたので。
 2ヵ月前から予約をしていました。

・新橋駅のビジネスホテルに5ヶ月ほど前から予約して、3泊した。

・ホテルは品川駅近くを半年前に予約。2日間宿泊。

・天王洲のビジネスホテルを利用した

・都内で5千円~7千円で個別空調できるホテルを会場近くから徐々に範囲を拡げて探す。
 3・4ヶ月前には決める。冬コミもすでに確保。


●自宅・実家から
・全日自宅から。

・自宅から

・実家から始発で乗り込めるので、前日には実家に帰った。


●友人・知人宅から
・友人のマンションに宿泊。

参加し慣れてる人達はビッグサイト近郊のホテル利用でしょうか。
カタログ販売時に次回日程の確認は出来ますので、開催日が判った時点で予約ですね。
価格を気にしなかったり、宿泊地を会場から離せば多少遅くても予約は出来ますね。
野宿・徹夜はやめましょう。
風呂入って汗や汚れを流して、ちゃんと布団で寝て体力回復させてから参加した方がいいですよ…(´・ω・`)


【次回参加について】

次回の参加日程をアンケート受付時点の予定で答えてもらいました。

次回はジャンルなどが元に戻るため、参加者も3日目が一番多くなりそうですね。


【印象に残ったことなど】
今回の夏コミで印象に残ったことやアクシデントなど何かあれば自由に書いてもらいました。

●暑さ・熱中症・コミケ雲
・熱中症舐めすぎな人が多くいたこと。

・とにかく暑かった。
 初日の始発待機は体力の不安を感じた。

・確かに暑かったですね。
 自分も2日目に一度休憩してから再度購入に向かおうとしたら胃痙攣?のような状態となり1時間以上ベンチで休憩となってしまった。(倒れて運ばれたりはしていませんが)

・友人が列に並んでいるところ、熱中症で倒れて救護室に運ばれた。
 5分くらいの休憩、給水で現場に復帰したが、その精神力に脱帽。

・台車で運ばれていく人を頻繁に見かけた。

・熱中症で運ばれる参加者を5回も見たのは初めてでした。
 売り子さんに至ってはストレッチャーを見かけたそうです。

・暑さのあまり倒れかけました。
 ですが周りの人達に団扇などで扇いでもらい助けてもらいました。

・今年はとにかく暑かった。ちゃんと熱中症対策をしている多くの戦士が倒れていたようだが、それすら目に入らないくらい余裕が無かったように思う。
 ヒヤロンは偉大。ただこの暑さで暴動が起きないあたりコミケ凄いと思った。公式の紳士袋が発売されたらしいので普及してくれることを期待。
 それから帰りの電車内での臭いが酷かった、自分は汗拭きシート使っていたのと、消臭テープ付きの服を着ていたので大丈夫だったが、相方の臭いに死にそうになった。

・暑さ以外の何があるというのでしょうw
 館内雲を久しぶりに見たことといい、個人的には、ジェノサイドコミケを越えたと思う。

・皆さん書きそうですが、2日目に噂の「コミケ雲」が発生したのが……。

・熱中症で倒れる人の数が尋常ではなかった。

・3日間、全ての暑さ。直射日光・気温・地面からの熱、全てが地獄だった。

・2日目に男性向けが来ていたため「普段の3日目の感覚で」と臨んだものの、ふたを開けてみたら『普段の3日目に東方島を持ってきたような混雑』で、言い方はアレですが「そりゃ救護室もいっぱいになるよ」という暑さだった。
 また、今回ほどスタッフさんの「車椅子通ります!」を聞いたコミケは初めてだった。

・始発二日目東館待機列の時、8時過ぎ(暑くなってきた時だと思う)にドンドン熱中症で倒れていきスタッフを呼ぶ周囲の人がひっきりなしに聞こえた。
 コミケ雲が見れた。東館123特に2が酷かった記憶がある 。


●待機列・人の多さ
・開場待ちの待機列で割込みがあったようでスタッフに申告された人がいたがそのまま列にはいれていました。
 5年位前にもそのような人を見たことがありましたがその時はスタッフさんが排除してましたが・・・
 あれだとこれから割込みできてしまうなぁ。
 開場待ちの東駐車場の列に家族連れなんて光景もちらほら。コミケ変わりましたね。

・始発入りでも徹夜組がものすごく多かったせいで会場入りに1時間もかかった。

・平日とは思えないほどの人数。

・企業の人の多さには毎回感心する。入場方法が変わったせいで西12へ行きづらくなったのはマイナス。


●その他
・2、3日目はサークル参加の知り合いのお使いと準備、撤収と冷たい飲み物持ち込みを条件にチケットを貰えたのが有難かった。

・進撃描いてあるポスター多すぎタイバニ黒子と慣れてるけど。1枚のポスターに2つの作品を描いている人も。

・キャリーに何度も轢かれたので、いい加減禁止にしてくれないかなーとは思う。

・かき氷機を持ち込んでいた集団がいたw



以上、印象に残ったことを自由に書いて頂きました。
暑さについて書かれてる方が多かったですね。
会場内の熱気、参加者の汗などの水蒸気、会場の空調が組み合わさって発生する雲か見えるいわゆる「コミケ雲」が今回のビッグサイトで観測されました。
雲が見えるくら温度と湿度が高かったため、当日の会場の不快指数は酷いことになってましたね。

暑さにより熱中症で倒れる人や体調を崩す人も非常に多く、車椅子などで救護室に運ばれていく人が大量に出たコミケとなりました。
全員が熱中症ではないものの、3日間で約1000人が救護室へ運ばれたようです。
事前の準備、体調管理、熱中症になりかけた際の対応などで熱中症のリスクは減らせます。
スタッフの負担を減らし、最後まで参加して楽しめるようにするのがいいと思います。
体調が悪ければ参加を見合わせるのも一つの選択肢ですよ(´・ω・`)


アンケートにご協力頂きましてありがとうございます。
結果発表が遅くなりました。
前回よりさらに票数が減って参考にするにはまだまだ足りない感じですが…
今後増えればなぁとは思います(´・ω・`)

アンケート項目に入れていた夏コミ持ち物記事についてや次回アンケート案は発表はしませんが、参考にさせて頂きます。
コミケアンケートだけでなく、同人に関するアンケートは続けたいと思っていますので、
今後のアンケート案があればTwitterメールフォームから頂ければ幸いです。

次回の冬コミでもアンケートを予定してます。
従来はラジオボタンやチェックボタンの選択式の設問と、自由に文字入力の出来る記述式を組み合わせて20問くらいありました。
次回はアンケートに参加してもらいやすいように、5分以内に終わる選択肢のみのアンケートと、記述式のみの2種類を用意しようと思ってます。
選択式は集計もしやすいので、結果発表も短時間でできると思います。
また、両方のアンケートに答えてくれた人の中から抽選で何かプレゼント企画でもやれたらなぁと考えてます。
ほかにアンケート数を増やす方法あったら教えて欲しいです(´・ω・`)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keypot.blog8.fc2.com/tb.php/3821-6f5f7bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。